ストレスが大きな要因

2009年8月 5日 08:15 | コメント(0) | トラックバック(0)
狭心症・心筋梗塞

 

狭心症は急激な運動をしてしまうと、胸に痛みが出たり発作が出てしまうので、狭心症と診断されたら激しい運動は避けるようにしましょう。狭心症の治療が進み食事療法などで効果が出てきたら、発作の回数なども自然と減ってきます。動悸や息切れの頻度も減少してきます。

狭心症の症状が良くなってきたら、体力温存、老化防止のためにも少しづつ体を動かしていきましょう。軽いストレッチなどゆっくりと体を動かし心臓に負担をかけない方法で行うといいでしょう。食事療法とストレッチ効果で狭心症も楽になっていきます。高齢で狭心症を患っている人は、軽く体を動かしていることで健康維持にも役立ちますのでお勧めです。寝たきりにならないよう体をほぐしてあげましょう。

狭心症の進行状態や循環器系の障害などによって、運動を禁止される場合もありますので、ストレッチなどを始める前にまず医師に相談してから行うようにしましょう。狭心症は色々な原因から起こる病気ですが、ストレスが大きな要因となる場合もあります。ストレスを発散させるために喫煙したり飲酒をしたりと、体にとって悪循環となる行為をしてしまうことも多いのです。ストレスを溜めるのは肉体的にも精神的にも良いことではありません。

狭心症予防だけではなく、健康維持や毎日の生活を快適で楽しいものにするためにもストレスは溜め込まないよう、発散できるよう心がけましょう。適度な運動をしたり趣味をみつけて仲間を増やしたりするなど、毎日の生活にやりがいや楽しみを見つけるようにしましょう。どうしてもストレス解消が難しく精神的に辛い場合には精神的治療を行うのもいいでしょう。まわりの人に相談したり、友達と外食をしたり気分転換できるものを見つけてみましょう。

 ヒアルロン酸  フィットネスクラブで健康になろう
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

狭心症とは
狭心症は心臓の血管に起こる病気のことで、左右どちらかの冠動脈が障害を起こし血流障害になることを言います。心臓は心筋という筋肉で守られていますが、心筋の栄養補給を行う大切な役割を果たすのが冠動脈となります。
労作性狭心症
狭心症と一口に言われていますが、細かく分けるといくつかの種類に分けることが出来ます。症状の現われ方などによっても分かれます。温かい場所から寒い場所に移動したとき、急に激しい運動をしたとき、ゴルフ、階段の上り下りなどの時に起こりやすいのが、労作性狭心症と呼ばれるものです。
いくつかの種類に分類できる狭心症
狭心症はいくつかの種類に分類することが出来ます。悪化すると死に至る病気の引きがねとなることもありますので、症状が軽くても安易な考えは持たずにしっかりと治療を行い安静に生活するよう心がけましょう。
動脈硬化などが要因
動脈硬化などが要因となり血流が不足して狭心症になるものを、労作性狭心症と言いますが、労作性狭心症の一種に不安定狭心症という病気があります。
器質型狭心症
心筋の冠動脈が細くなり発症する狭心症が、器質型狭心症と呼ばれる病気です。冠動脈が細くなることを狭窄と言いますが、高血圧や糖尿病、高コレステロール血症などの成人病が関係し狭窄になることがあります。
自覚症状がない狭心症
狭心症は自覚症状がないうちに発症する場合もある病気です。日頃から食生活の見直しをしたり、十分に睡眠をとったり、ストレスを溜めないようにするなど健康維持に努めるようにして、狭心症予防を心がけましょう。
日頃から健康維持に努める
狭心症は細かく分けるといくつかの種類に分類されます。発作の頻度や症状の違いなどによって分類されますが、狭心症の原因はさまざまで動脈効果や無理なダイエットなどが大きな要因となることもわかっています。
海藻や大豆なども意識して摂取
狭心症は検査方法や治療方法も良くなり、以前に比べ治る確率も高くなってきました。狭心症は動脈硬化が主な原因とされている病気で、生活習慣を見直すことで予防できる確立が高くなる病気です。
ストレスが大きな要因
狭心症は急激な運動をしてしまうと、胸に痛みが出たり発作が出てしまうので、狭心症と診断されたら激しい運動は避けるようにしましょう。狭心症の治療が進み食事療法などで効果が出てきたら、発作の回数なども自然と減ってきます。動悸や息切れの頻度も減少してきます。
狭心症の発作が起きた場合
狭心症の発作が起きた場合には、安静にして動かないようにすることが大切です。ニトログリセリンなどの狭心症用の薬を処方されている場合には、発作が起きたらすぐに利用し水分をしっかり補給して安静を保つようにしましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/1548

コメントする



このサイトを購読する