海藻や大豆なども意識して摂取

2009年8月 5日 08:18 | コメント(0) | トラックバック(0)

ギムネマ茶で糖の吸収をゆるやかに。高濃度ギムネマ配合【ギムネマ・ガルシニア】げんとう か...

 

狭心症は検査方法や治療方法も良くなり、以前に比べ治る確率も高くなってきました。狭心症は動脈硬化が主な原因とされている病気で、生活習慣を見直すことで予防できる確立が高くなる病気です。狭心症はメタボリックシンドロームのひとつとも言われている病気で、日頃の食事に注意をするとかなりの確率で狭心症を防ぐことが出来ます。食生活に気を配ることは色々な病気予防にもつながります。

喫煙や飲酒、カロリーの高い物を好む食生活は動脈硬化になりやすく、狭心症にもなりやすくなってしまいます。体内に中性脂肪が蓄積されると血液中に放出され、悪玉コレステロールとなり動脈硬化になってしまいます。中性脂肪を減らすことで狭心症だけではなく、さまざまな病気の予防につながるようになるのです。生活習慣病にならないためにも、大切な自分の体を守っていくためにも食生活などの見直しをしてみましょう。

狭心症の予防のため、動脈硬化を予防するためには、脂肪分の多い食べ物は避けるようにしましょう。カロリーの高い食事を控えるようにして、ビタミンやミネラル、食物繊維を多く摂るようにしましょう。ギムネマなどに含まれている葉酸もお勧めです。お茶なども販売されていますので気軽に摂取出来ると思います。グァバなどにも含まれていますのでジュースなどを利用してもいいでしょう。

海藻や大豆なども大切な栄養素がたくさん含まれていますので、意識して摂取するようにしましょう。狭心症予防にはカルシウムやビタミンB、ミネラル、βカロチン、鉄、亜鉛も欠かせません。不足しがちな栄養素はサプリメントで補うなど、工夫しながら適度に摂取するようにしましょう。食生活を見直すことは健康維持だけではなく、美肌作りにも役立ちますのでバランスの整った食生活を心がけましょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

狭心症とは
狭心症は心臓の血管に起こる病気のことで、左右どちらかの冠動脈が障害を起こし血流障害になることを言います。心臓は心筋という筋肉で守られていますが、心筋の栄養補給を行う大切な役割を果たすのが冠動脈となります。
労作性狭心症
狭心症と一口に言われていますが、細かく分けるといくつかの種類に分けることが出来ます。症状の現われ方などによっても分かれます。温かい場所から寒い場所に移動したとき、急に激しい運動をしたとき、ゴルフ、階段の上り下りなどの時に起こりやすいのが、労作性狭心症と呼ばれるものです。
いくつかの種類に分類できる狭心症
狭心症はいくつかの種類に分類することが出来ます。悪化すると死に至る病気の引きがねとなることもありますので、症状が軽くても安易な考えは持たずにしっかりと治療を行い安静に生活するよう心がけましょう。
動脈硬化などが要因
動脈硬化などが要因となり血流が不足して狭心症になるものを、労作性狭心症と言いますが、労作性狭心症の一種に不安定狭心症という病気があります。
器質型狭心症
心筋の冠動脈が細くなり発症する狭心症が、器質型狭心症と呼ばれる病気です。冠動脈が細くなることを狭窄と言いますが、高血圧や糖尿病、高コレステロール血症などの成人病が関係し狭窄になることがあります。
自覚症状がない狭心症
狭心症は自覚症状がないうちに発症する場合もある病気です。日頃から食生活の見直しをしたり、十分に睡眠をとったり、ストレスを溜めないようにするなど健康維持に努めるようにして、狭心症予防を心がけましょう。
日頃から健康維持に努める
狭心症は細かく分けるといくつかの種類に分類されます。発作の頻度や症状の違いなどによって分類されますが、狭心症の原因はさまざまで動脈効果や無理なダイエットなどが大きな要因となることもわかっています。
海藻や大豆なども意識して摂取
狭心症は検査方法や治療方法も良くなり、以前に比べ治る確率も高くなってきました。狭心症は動脈硬化が主な原因とされている病気で、生活習慣を見直すことで予防できる確立が高くなる病気です。
ストレスが大きな要因
狭心症は急激な運動をしてしまうと、胸に痛みが出たり発作が出てしまうので、狭心症と診断されたら激しい運動は避けるようにしましょう。狭心症の治療が進み食事療法などで効果が出てきたら、発作の回数なども自然と減ってきます。動悸や息切れの頻度も減少してきます。
狭心症の発作が起きた場合
狭心症の発作が起きた場合には、安静にして動かないようにすることが大切です。ニトログリセリンなどの狭心症用の薬を処方されている場合には、発作が起きたらすぐに利用し水分をしっかり補給して安静を保つようにしましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/1549

コメントする



このサイトを購読する